FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝

とても落ち着いた、のんびりとした日曜日。


この二日ほど、突然の冷え込みに悩まされましたが、また気持ちの良い青空が戻ってきました。
街ではアイスを手に取り(もちろん2段♪)、家に戻ってからは、のんびりベランダに出て、のんびりくつろいでいます。

不思議なほどに、とてもとても気持ちが良い。
ゆったりと時間が流れていて、どこにいても鳥の声が聞こえる。教会の鐘の音も聞こえます。窓を開けば、赤い屋根が続き、向かいでも素敵なお姉さんやらお兄さんがベランダでのんびりしている姿が見え、おや、下の庭ではこれからバーベキューが始まるそうです。
もちろん今日も午前から伴奏合わせがあり、午後はロイプケ。来月には学科の試験もありますし、コンクールも迫ってきています。間に合っていないことはあります。
でも、ゆったりとこんな日は洗濯機を回し、部屋を掃除して、枕や絨毯を日向ぼっこさせている。あら、気持ち良い。

ふと考えると、きっと東京には音が多いのだと思う。あぁ、ジャズに会いたいなぁ。(愛犬)
いつの日か、両親、姉をこの地へ、この空間の中で休んでもらえるように、ますますオルガンを頑張ろうと思うのでした。


---3_convert_20110627045646.jpg
練習室からの眺め。

--_convert_20110628025730.jpg
20時過ぎ、ベランダからの眺め。




7月から、いよいよ再び缶詰生活が始まります。
7月末から8月頭に掛けて2連続、オルガン・マスタークラスに参加予定(Norden & Dornum、そしてLeipzig)。そして翌月22日からまたコンクールが始まります。
バッハ、そしてリストに重点を置かれたコンクールなのですが、今年はベーム、アラン、デュリュフレといったフランス近代作品も多く選ばれており・・苦戦しそうです。汗

どうにか急いで成長しなければいけない、と焦っていたところに、なんと目の前にロイプケの本番。おまけに先週はカンタータもありました。幸か不幸か、ペンテコステの休暇があり師ボッサートもニューヨークへ。

しかし留学以来、これまでもレーガー、リストの作品を通して既に多くの発見、経験値を得られたように感じていましたが、この短期間のロイプケの取り組みから意外にも、ロマン派大ヒントがつかめたかも知れません。日本語の下手な僕の口ではうまく表現出来ませんが、この演奏を通して、しっかりと階段をまた上がりたいと思います!

いい6月になりそうです。(本番はしかも最終日、30日!)


---5_convert_20110627050608.jpg
こちら、またNeubau教会。ピーターパンが休憩をしていそうな塔が美しいです。

そう、そしてヴュルツブルク・カンタータクラブのHPも出来ました。
前回のソロを歌ってくれた井口くんの写真もあります。
是非、覗いてみてください☆
http://www.bachkantatenclub.tk


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、日本の皆様。いつもBlogを読んでくださり、誠にありがとうございます。
今回はとても短いのですが7月17日から26日まで、帰国出来ることになりました。
ほぼ毎日練習びっちりの予定ですのでゆっくり出来ずに残念ですが、
25日の夜に行われますアンサンブル室町のご案内をさせてください。

アンサンブル室町とは、2007年より活動を続けている和楽器とバロック楽器による混合編成を基本とした演奏団体です。音楽監督のテシュネ先生と共に、創立時から関わらせていただいていますが、毎回毎回が進歩! 今回の公演もとっても楽しみにしています!

これまでの活動はこちら↓からご覧いただけます。
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/


~演奏会のご案内~

「元素」
アンサンブル室町第5回公演
E382A2E383B3E382B5E383B3E38396E383ABE5AEA4E794BA-E8A1A8_E58583E7B4A0img-thumbnail2.jpg

2011年7月25日(月)18:30開場/19:00開演
サントリーホール・ブルーローズ於 (http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/ )
『元素』―音楽と舞踏のコラボレーション―

演奏作品:権代敦彦『キンタ・エッセンティア』(委嘱作品初演)
ジョン=フェリ・ルベル『元素』(1737)

芸術監督:ローラン・テシュネ
演出・振付:伊藤キム
ダンサー:伊東歌織、井上大輔、酒井幸菜、KEKE
演奏:アンサンブル室町(http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/)



演奏会によせて

世界は元素で成り立っている。
西洋において、元素とは原則として四大元素すなわち、土、水、火、空気であるとされてきました。一方、アジアでは一般に「空間」を加えた五大元素とされています。

音楽でも、絵画や他の芸術の場合と同様、常にこれらの元素が描かれてきました。フランス・バロックの作曲家ジャン=フェリ・ルベル(1666-1747) も、1737年に「四大元素Les Éléments」という充実した作品を書いて、この時代としては当然のことですが、舞踏と結びつけています。冒頭部分(「混沌」)での思いもよらぬ強烈な響きは、西洋音楽史で初の「クラスター」と言えましょう。

21世紀初めの今日、日本人作曲家の権代敦彦氏は、人間性と宗教(Religion) 、それもラテン語の言葉本来の意味(Religare=見えないもの、死者…に結びつける)に強く惹かれています。そして、ルベルの作品から触発されながらも、「5つの元素(五大)」という日本の概念にこだわった新作「Quinta Essentia」を作曲しました。これは、アンサンブル室町のために特別に書かれた作品で、舞踏家の伊藤キム氏率いるダンサーたちと共に上演されます。

去る3月11日、日本が未曾有の地震と津波という、荒れ狂った「元素」に襲われて甚大な被害を受け、それに関連して世界規模での原子力の脅威が引き起こされたことは、まったく心の痛むめぐり合わせでした。この公演では、すべてを失った多くの皆さまへの思いと連帯の気持ちを、ささやかながらも表現したいと思っております。

ローラン・テシュネ



チケット:全席自由 一般4'000円/学生2’500円
(売上の一部を日本赤十字社を通して東日本大震災被災地へ寄付)
お問い合わせ:アンサンブル室町  080-4407-5445 arts@softbank.ne.jp
サントリーホールチケットセンター 03-3584-9999 http://suntory.jp/HALL/
チケットぴあ: 0570-02-9999 http://t.pia.jp

または大平まで ken.2781@gmail.com まで、お問い合わせください♪
ご来場、心よりお待ち申し上げます。


お会いできます日を楽しみに!

大平健介

p.s.このBlogも2009年9月から書き始め・・そろそろ2年目がやってこようとしています。
気付けば、読んでくださった皆様の回数も9000回に達し!感謝の限りです。
これからも元気に、がんばります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

とーっても忙しそうですね。
がんばってください。

Re: タイトルなし

rino* 様

コメントをありがとうございました。
実際はとても楽しんでいるので、忙しくは感じていません笑
のんびりと取り組んでいけるよう、がんばります!

大平
プロフィール

大平健介

Author:大平健介
山登りに温泉、落語に珈琲が好きです。

教会音楽家、シュティフツ・オルガニストとして幅広い活動を展開中。ドイツ・シュトゥットガルト在住。
http://kensuke-ohira-com.webnode.com/

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。