FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fährbrück

オルガン探索シリーズ第二弾は、行ってきましたFährbrück!

普段は車で行くようなところなので、きつい道程になることは覚悟していましたが‥
やはり覚悟していた通り。
8時の電車に乗り、8時半、Bergtheimに到着。しかし、駅で丁寧に教えてもらった乗り換え案内は容易ではなく、バス停が見当たらない・・ パン屋のおばちゃんに訪ね、街中にあるガスタンク前の停留所を教えてもらう。

この街はどこを歩いても馬や鶏小屋の匂いで溢れています。そのためか、こんな早朝に歩いている日本人がとても珍しいのでしょう、じろじろ見られてしまった。
バスのおっちゃんはとても親切。ドイツではよくあることなのですが、行き先を告げて料金を尋ねると、面倒くさいのか「まぁいいから乗れ」と合図してくださる。この休み期間中のオルガン探索ではよく出会う光景でした。ありがたい。

画像2+114_convert_20111016193005
教会前の停留所にて下車。

画像2+115_convert_20111016193043
・・とはいっても教会はこの道の先の・・遠くに見えているのが、それです。

画像2+116_convert_20111016193108
やっと到着!10時に到着でした。

画像2+117_convert_20111016193136
こちらが、お目当てのオルガン。
弾けば弾くほどタッチが変わっていくのが分かる。新しいアイディアが生まれてきます。

画像2+118_convert_20111016193142
特徴的な天使。懐かしい再会でした。

懐かしいというのは、昨年の5月のOrganExpertという講座に参加したときに、初めてこの教会へ来たのでした。ドイツで初めて演奏会を行ったのも、振り返ればこの教会。あれは確か、ブラームスの前奏曲とフーガ、ト短調・・ 感慨深いものがあります。みっちり3時間を過ごさせていただきました。


街までは4kmと表示されていたので、帰りは歩いてチャレンジしてみることに。次の帰りの電車までも一時間残されていたので、大丈夫かな・・と。


画像2+119_convert_20111016193234
ありがとう!さようなら!

画像2+120_convert_20111016193222
風がとても強く、農家農場ならではの香りに溢れる。一本道とはいえ険しい道中でした。

画像2+121_convert_20111016193255
あんなに遠く・・

画像2+122_convert_20111016193310
あんなに遠く・・・


思っていたよりも遠く50分ちょいも掛かってしまい、後半はやや早歩き。なんとか電車に間に合った具合でした。
次回は・・バスというより、決して歩けない距離ではないので自転車があるといいなぁーと。

しかし、季節は見た方が良さそうですね。幸いに快晴でしたが、雪や雨や、どんより曇ってしまった日はこうも楽しめないだろうなと思います。

この後は一旦ヴュルツブルクへ戻り、カンタータのメンバーと打ち合わせ、滞在時間15分、そのままErlangenへ向かい、オルガンの練習・・家に戻ったのは23時。
歩いたからかオルガンを続けて弾いたからか・・足が筋肉痛でうまく上がりません。おまけに水ぶくれが2つ・・ここ最近ゆっくり過ごし過ぎたので良い運動になりました♪


オルガン探索の旅はとても楽しい。留学ならではの体験ですね。演奏会やコンクールなどで知り合える楽器も多いですが、もっと個人的にもアポを取り、ドイツ中へ足を伸ばしていけたらなと思います。




今日のおまけ画像はこちら。

大学へ向かうときに毎日、見ている、
大好きな太陽。
画像2+113_convert_20111016193314


大平健介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大平健介

Author:大平健介
山登りに温泉、落語に珈琲が好きです。

教会音楽家、シュティフツ・オルガニストとして幅広い活動を展開中。ドイツ・シュトゥットガルト在住。
http://kensuke-ohira-com.webnode.com/

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。