FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- お知らせ -

20120413+(1)_convert_20120309004114.jpg


上記の通り、来月にリサイタルを予定しています!!
前回のリサイタルから一年半、つまり、留学して一年半が経ちました。
また新しい響きを感じていただけますように。。

しかも!

この夏にバッハ・リスト国際コンクールにてご一緒させていただいた
素晴らしい後輩、長田真実ちゃんと共演させていただきます。
真実ちゃんはこの時にリスト作品最優秀演奏賞を受賞、
Merseburgの大聖堂にて入賞演奏を行いました。
普段はなかなかオルガニスト同士一緒になることは少ないので
僕自身、とても新鮮でもあります。

なんという喜び..!

また作曲の根本卓也さんは、僕が学部一年、まさに入学したばかりの頃から
お世話になっている大先輩にあたります。
カンタータクラブにて通低デビューした僕に、びしばしと掛けてくださった
あの熱い言葉から‥思えば振り返ること、もう8年になります。
根本さんには今回、この演奏会のために新曲を書いていただきました。




素敵な音色をお届けできますように!
残りの一か月、しっかり取り組みたいと思います。

どうぞ楽しみにしていてください♪

チケットのお求めは、大平までご連絡ください。
→  ken.2781@gmail.com


まだまだ寒い日が続きますが、
この頃には春らしく、暖かい風が流れているといいですね。
桜吹雪・・なんて浮かんでいると素敵です。

よろしくお願いいたします。



大平健介


////////////////// 以下詳細 //////////////////



大平健介 & 長田真実
オルガン デュオ・リサイタル

プログラム
Franz Liszt(1811-1886):
Einleitung und Fuge aus der Kantate "Ich hatte viel Bekümmernis"(J.S.Bach)
フランツ・リスト: カンタータ ”私の心は憂いに満ちていた"による序奏とフーガ

F.Liszt:
Fantasie and Fuge über den Choral "Ad nos, ad salutarem undam"
F.リスト: コラール”アド ノス、アド サルタレム ウンダム”による幻想曲とフーガ

Takuya Nemoto: Aus tiefer Not...
根本卓也(1980-): 《深き淵より...》 (委嘱作品・初演)  他




2012年4月13日(金) 19時半開演 (19時開場)
武蔵野市民文化会館 小ホール

料金(一般・税込) 一般¥2000 / 学生¥1000




出演者プロフィール

大平健介 1986年、神奈川県横浜市生まれ。私立青山学院中等部、高等部卒業。同校オルガン同好会、オルガン部を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。2008年、学内モーニング・コンサートにおいて、松尾葉子氏の指揮により藝大フィルハーモニアと共演、T.エスケシュ(1965-):オルガンと管弦楽のための協奏曲の日本初演を行う。2010年より、同大学院音楽研究科修士課程を休学し渡独、DAAD(ドイツ学術交流会)給費留学生としてヴュルツブルク音楽大学オルガン科(Meisterklasse)、教会音楽科に在籍。また留学と同時にBach-Kantaten-Clubを設立、翌年より音楽監督に就任。これまでにオルガンを浅井寛子、廣野嗣雄、鈴木雅明、廣江理枝、C.ボッサート、チェンバロを大塚直哉、鈴木雅明、G.ウィルソン、合唱指揮法をA.ナジ、J.シュトラウベの各氏に師事。オルガニスト協会準会員、アンサンブル室町団員。日本基督教団聖ヶ丘教会オルガニスト。


長田真実 1987年、兵庫県姫路市生まれ。東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。学内において安宅賞、卒業時にアカンサス賞を受賞。2004年度及び2005年度、白川イタリアオルガン音楽アカデミーにおいて白川賞受賞。2008年度、明治安田クオリティ・オブ・ライフ奨学生。横浜みなとみらいホールにて、第37回日本オルガニスト協会主催新人演奏会に出演。2011年、藝大モーニング・コンサートで尾高忠明氏指揮、藝大フィルハーモニアと共演。ドイツでの「第2回国際バッハ・リストオルガンコンクール、エアフルト‐ヴァイマール‐メルゼブルク」において、リスト最優秀演奏特別賞を受賞。所沢市民文化センターでの「フランツ・リスト バースデー・コンサート」に出演。これまでにオルガンを小榑由布子、廣江理枝の各氏に師事。現在、同大学院音楽研究科修士課程2年在学中。

根本卓也 1980年生まれ。東京藝術大学指揮科(修士課程)修了。在学中より現在まで、国内主要オペラ団体にてプロンプター・副指揮者として第一線で活動。8カ国語(英・独・仏・伊・西・露・チェコ・羅)を解し、モンテヴェルディから邦人現代作品まであらゆるレパートリーに携わるが、特に古楽・バロックオペラへの関心を深め2006年渡仏。レンヌ地方音楽院にてチェンバロ及びオルガンの国家ディプロマを取得後、リヨン国立高等音楽院通奏低音科を卒業。2011年秋より再び活動拠点を日本に移す。新国立劇場音楽スタッフとしての仕事の傍ら、《Nemo Concertato(主宰:辻康介)》メンバーとして古楽器での演奏活動を続ける。作曲家としては、仏Delatour社よりオルガン連弾のための《主題と変奏(Thème et Variations)》を出版。声楽・オルガン・邦楽器アンサンブルの為の作品を中心に手がけている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大平健介

Author:大平健介
山登りに温泉、落語に珈琲が好きです。

教会音楽家、シュティフツ・オルガニストとして幅広い活動を展開中。ドイツ・シュトゥットガルト在住。
http://kensuke-ohira-com.webnode.com/

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。