FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス -  チェコ

毎日が少しずつ慌ただしくなってきました。
今回はプログラムが大きく多いこともあり、12月1日に向けたカンタータクラブの練習も連日連夜。それを縫うようにしてソリスト練習を組んでいます。12月はフランスでもいくつかの本番があるために、準備に打ち合わせに手帳を開いたり閉じたり・・ 帰宅後は大抵、パソコンと紙と睨めっこしています。またマイスター課程、最後の試験が年明け直後に予定されているため、今月の一回ごとのレッスンの重みといったらこれまでの比ではなく、、、 そんな中、ぽんっと不思議なことに楽譜が一夜にしてロッカーから紛失! 現在、仕方なくブタペスト製のミニチュアスコアでさらう毎日。この楽譜、勉強には有難いのですが6声フーガの読み込みには全く向いていません。目と頭のトレーニング。。



さて、師とフランスへ五日間。オルガン科でチェコへ5日間。とても濃い学びの収穫期間でした。簡単に振り返ります。


IMG_8603_convert_20131121010609.jpg

飛行機でもなく電車でもなく、こちらは地続きのために我らは車で行きます。師匠のことなので予期しておりましたが・・とにかくハードなスケジュール。ヴュルツブルクから6時間半の道程、ようやくたどり着いた教会で早速始まる音作り。。。深夜2時まで。就寝3時、教会集合翌朝10時。しかも5日間のうち、オルガンのトラブル&大学からの師匠宛ての緊急連絡のために駆け回るアシスタント。。
それでも素晴らしいオルガンでした。全時間オルガン演奏台にて録った録音は宝物になりました。(彼はよく自分で解説しながら音を作るのでとても参考になります)

IMG_8590_convert_20131121010511.jpg IMG_8601_convert_20131121010543.jpg
付箋で埋め尽くされた楽譜。すべて手作業で音を変えていきます。集中力。。。

IMG_8608_convert_20131121010706.jpg
マイクが何本も立てられていきます。

IMG_8618_convert_20131121010731.jpg
演奏台とマイク・カメラの繋がっている別室にて。



チェコの話。こんなところに!というような小さな町に16-19世紀といった歴史的なオルガンは残っています。一段鍵盤の小さな小さな楽器であっても、ぼろぼろの埃だらけの真っ暗な教会のごりごりする階段を上がってようやく辿りつくような楽器も、ストップひとつ弾いてみると・・ 途端に別世界へ吸い込まれる、なんともいえない音色。戦禍を免れたこの町には、宝が眠っているのです。フランスの楽器も、戦争さえなければロシアのサンクトペテルブルクに運ばれるはずのオルガンだとか。

オルガン旅行には、その土地それぞれの歴史的背景がついて回る。


IMG_8673_convert_20131121010750.jpg
ヴュルツ音大から借りた車。オルガン科皆でわいわい乗り込んで出発♪


やはり日本人離れしたきつきつのプログラムでしたが、目は回ることもなく、満足。広がる可能性に喜びが(あぁ!)増え、目の前には自分のまだまだ出来ないことが積み上がる… と、理想的な見学会でした。一年目はベルリン、二年目のハンガリーに続く今回のチェコ。美しさに耳を傾けるだけではなく、響きの分析へようやく頭がついてきた…か? 解説→即興→試奏→次の楽器へ。師匠とプラハ音大教授とヴュルツの化け物(化け物)2人と回った歴史的楽器、計17台(!!)。
得難い経験でした。

IMG_8740_convert_20131121011223.jpg IMG_8797_convert_20131121011540.jpg
階段もイスも、見事な木造!


驚いた発見は、教会の中の手すりや聖書、椅子の端など・・・ に蜘蛛や蠅がそれぞれ一塊になって寒さをしのいでいたこと。そして、ろうそくだけの灯りの中、オルガンの響きに浸った後に見上げた夜空。僕は天の川というものを初めて、目にしました。無数に散らばっている星空。言葉にできない美しさでした。空にはこんなに星があるのに、これまで見えていなかっただけだったんですね。まだ耳に残っている音色と一緒に目にする文字通り満天の星空。

IMG_8813_convert_20131121011847.jpg

IMG_8818_convert_20131121011914.jpg

IMG_8864_convert_20131121011933.jpg

IMG_8892_convert_20131121011953.jpg


けれど、耳のためのグルメ旅行も長引くと、さすがにやばい。もう長いこと練習してない。。


最後のおまけ画像。
旅行するたびについつい気になってしまうユニークな看板。

IMG_8702_convert_20131121011205.jpg IMG_8774_convert_20131121011241.jpg

IMG_8807_convert_20131121011701.jpg

IMG_8789_convert_20131121011525.jpg




生姜味噌汁が大好きです。
街でもクリスマス・マーケットに向けた準備がわくわくと始まり、シュトレンやレプクーヘンといったこの時期ならではのお菓子も街でよく目にするようになってきました。生姜と砂糖のパワーで、この冬をしっかりと乗り切ろうと思います。
日本の皆様もどうぞお元気で!!!



大平健介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大平健介

Author:大平健介
山登りに温泉、落語に珈琲が好きです。

教会音楽家、シュティフツ・オルガニストとして幅広い活動を展開中。ドイツ・シュトゥットガルト在住。
http://kensuke-ohira-com.webnode.com/

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。