FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンタータ 終演

続けて更新♪


以前、簡単に記事でも紹介させていただきましたトランペット奏者ラジール(http://kensuke2781.blog9.fc2.com/blog-entry-147.html)と一緒の本番も、無事に終えることが出来ました。

蜀咏悄+2+(5)_convert_20140422012723

蜀咏悄+1+(5)_convert_20140422012700
たくさんの聖人に見守られながら。。


.....ほっ。まるで、それこそイースターの奏楽合間にミサの通低も挟んでいたかのような忙しさ。オルガン・ソロとトランペットのプログラムを交互に進めていく演奏には、なるほど、高い計画性・集中力が求められるものだと良い刺激になりました。

それを支えてくれたのも、とても素敵な礼拝堂の雰囲気と、仲良くさせていただいているケバブ王子こと「あさひ隊長」、アシスタントを務めてくれた松岡あさひ君です。教会がシュトゥットガルト近郊だったこともあり、今回のアシスタントは彼にお願いすることが出来ました。あさひ君、ありがとう!

蜀咏悄+2+(4)_convert_20140422010723

蜀咏悄+1+(4)_convert_20140422010653


芸大の同期の作曲家ですが、最近はオルガンにも親しく、おぉ、そういえば、つい最近にも日本において彼のオルガン作品が初演されたばかりでした。(http://blog.engi-project.net/pipe/archives/cat11/2013/10/
秋にはまた京都コンサートホールにてオルガンの新作が発表されるとかされないとか。皆様、乞うご期待!!


・・・・・・・・・・・・


先週、カンタータクラブの演奏会がありました。今回でもう13回目の演奏会だったそうです。団体も随分と大きくなりました。
今回は特に、前から取り組んでみたかったアルト・ソロカンタータBWV 54をカウンター・テナーのDaekyungと一緒にプログラムへ組めたことが嬉しかったです。そして膨らんだ喜びは、さらにラッキーが重なり、各地に散らばっている旧友達がたくさん参加してくれたこと!同じくシュトゥットガルトからテノールの玉田くん(たまちゃん)、そしてウィーンからバリトンの新見くん(Mr.100kg)が力を貸してくれました。二人とも同期です。仲間との共演はなんと嬉しいことだろう。それに、教会音楽家よりもさらに珍しいトーンマイスター科(!) において研鑽中の金井くんまで、デトモルトから来てくれました。こちらはヴァイオリンにて参加。こんなに日本の仲間がカンタータに集まってくれたことは過去にもないことです。

10157167_10201598285509527_386043641019201977_n_convert_20140422011524.jpg

10262030_10201605545131013_6986661090577918928_n_convert_20140422010817.jpg

蜀咏悄+(4)_convert_20140422010950


エネルギーをまたたくさん、分けてもらいました! :)))

(エネルギーといえば・・余談: 時期を重ねて、少年少女合唱のための指導法、集中講座に参加していました。簡単なメロディーと小技の組み合わせの多さに感服。リズム感、身体運動と目の輝き、即興性。表情も豊かでした!そして、未だに耳について離れないアフリカ民謡。カンタータ練にて試してみるわけには年齢的にいかなそうですが、こちらも貴重な体験でした。しかし歌って踊って、身体は大変。。)


次の演奏会は6月29日、三位一体節後第2日曜日の予定です。
新しい試みとして、師匠ボッサート宅付近の教会もお借りして二回公演を行えないか、現在、試案中です。その場合は、演奏前にボッサートによるカンタータ講演も入ります!夢のような企画!どきどきとわくわく。。!


・・・・・・・・・・・・


明日からの休暇は待ちに待ったリガへ、オルガン科一向にて出発です。

フランクフルトから飛行機。目当てはリガの大聖堂、ワルカー 1884年のop.413!その他もザウアー等、ロマン派オルガンを中心にクリストフ・ボッサートと巡るオルガンとオルガン尽くしの旅一週間へ。スイッチ全開ON!
オルガン旅行記、どうぞお楽しみに!:)))

(ところで、一昨日、皿洗い中に固まったご飯粒で手のひらを切ってしまいました。これからご飯茶碗に水を入れるのではなく、茶碗は水に全身をつけなければならないのだと身を持って学びました。皆さま、固まったご飯粒は強いです。お気を付け下さい。)




皆様に上にも、清々しく健康的な素敵な日々が広がっていきますように!


大平健介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大平健介

Author:大平健介
山登りに温泉、落語に珈琲が好きです。

教会音楽家、シュティフツ・オルガニストとして幅広い活動を展開中。ドイツ・シュトゥットガルト在住。
http://kensuke-ohira-com.webnode.com/

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。