FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- 5年目 -

カンタータクラブ、無事に5年目の活動をスタートさせることが出来ました。

毎度、演奏会の度にどうも感傷的になってしまうのですが、今回も、皆と一体感を分かち合える非常に美しいひと時となりました。

「仕事ではこのような雰囲気を作り上げることは難しいんだよ」、「ひとりひとりが、いい音楽を作り上げようという気持ちに満ちているね」等、メンバーからも時折、嬉しい言葉を掛けてもらいました。ドイツ語もよく分からないままに始めたカンタータクラブもついに5年。メンバー皆の気持ちがなければ決して到達できない年月だなと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。


次回は、いよいよ僕の合唱指揮の卒業試験も兼ねた演奏会となります。オルガン・ソロを含むシンフォニアに、合間には大オルガンによるオルガンソロと、僕の出ずっぱりの演奏会となりそうですが、何より師匠シュトラウベ氏を客席に迎えて臨むカンタータクラブ公演、夢のような一日です。まだ詳細は未定ですが、既に胸のどきどきが止まりません…♪



。。。と真面目なカンタータクラブですが、
打ち上げから、いつくか楽しい仲間の写真もご紹介。;)))

蜀咏悄+1+(3)_convert_20141203060033
BWV62にて素晴らしいデュエットを聞かせてくれたレナとテレザと一緒に。

蜀咏悄+2+(15)_convert_20141203055908
左から、ソリストのノラ、エリアス、そしてカンタータクラブの運営とテノールを支えてくれているコンスタンティン。

蜀咏悄+3_convert_20141203055747
コンサートマスターを務めてくれたアッティラ(真ん中)と、指揮仲間ゲルハルトと共に。



感謝を込めて。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大平健介

Author:大平健介
山登りに温泉、落語に珈琲が好きです。

教会音楽家、シュティフツ・オルガニストとして幅広い活動を展開中。ドイツ・シュトゥットガルト在住。
http://kensuke-ohira-com.webnode.com/

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。