FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充実の12月

12月2日 OzWオルガンコンサート デビュー!
"Orgelmusik zum Weihnachtsmarkt" 略してOzW。シュティフト教会ではアドヴェントの期間、毎日お昼にオルガンコンサートが開かれます。アシスタントとして課せられた初めての仕事がOzWの運営でした。僕自身も演奏会をふたつ担当しており、まずはトランペットと共にOzWデビューとなりました♪ ひとつひとつ、嬉しい足跡が続いていきます。

写真 3 写真 4

中でも特に緊張したのが。。
1.演奏謝礼の振込み、交通費等の計算、報告書 × 演奏者分
2.演奏前の開演の挨拶

。。。もちろん、手にはカンペを持っておりましたが、はっきりとドイツ語を明瞭に話すこと、ようこそ!の気持ちを伝える挨拶。毎回、毎回が反省の繰り返しとなりました。一定の音程を保った静かな声で話すことが美しいと僕は日本語において感じておりましたが、それではドイツ語は相手に伝わりません。演奏も同じですが、言葉で「伝える」表現の難しさを感じました。

写真 写真 3 

こちらは人の混雑を避けるべく朝の5時に早起きして設置したという・・・OzWの横断幕。シュトゥットガルトの一番の大通りに掲げられていました♪
12301581_1071468662874714_2163905132693795385_n.jpg

23回に及んだ全てのOzWコンサート。
最終日ヨハンセンの演奏会には548人(!)、全体では4,683人(!!)もの方にいらしていただきました。昨年よりも400人、多かったそうです。ほっ♪
写真 1(2)

シュティフト教会がクリスマスマーケットに囲まれていることもあり、チームの皆で日にちを合わせて、息抜きへワインも愉しむことが出来ました。
写真 1(1) 写真 2(1)


OzWの後にはその晩より早速、24日(22:00-)と25日(10:00-)、それぞれの礼拝におけるカンタータ BWV 152、そしてBWV 121の合わせもスタート。礼拝では数曲、指揮デビューも控えており、既に頭は容量オーバーの兆しが。。!:D

クリスマス礼拝、大晦日には4つの異なる礼拝奏楽に(礼拝後駆け足にて登ったシュティフト教会の搭より見下ろす花火の轟音☆)、続く 翌朝の元旦礼拝、3日の主日礼拝。。 文字通り、頭の中の容量が赤色になって点滅している様子すら実感として感じられるような日々でしたが、振り返ってみても、12月は音楽の恵みにどっぷりと浸かれた心から幸せなひとときでした。座る場所も残らずに立ち見で満員になる教会で皆と共に守る礼拝。なにより温かかったです。

写真 4(1) 写真 3(1)
通低、通低、通低。礼拝奏楽は、まるでクリスマスプレゼントのようなカイ・ヨハンセンによる即興演奏。

写真 4 FWK2015_12,010
クリスマス礼拝にて指揮デビュー!大晦日の礼拝後には教会の搭の上にてシャンパンを開けました!



それもこれも、始まりはカントライによるアドベント・コンサートから。レーガーにシェーンベルクに実に様々な作品を歌ったアカペラ演奏会。

当日のライブ録音より、ヨハンセン作品の初演をご紹介いたします。
カイ・ヨハンセン新作 "Veni"、合唱は3箇所に分けて配置されたStuttgarter Kantorei、12声です。
僕はオルガンを弾いています。



シュトゥットガルト カントライ合唱団
Stuttgarter Kantorei
どこかに混ざっています!



すべてが終わった後には。。。。
ほっと新年 カフェの会♪

写真 3 写真 4

盟友ジュンホが韓国へ帰るということで、後輩の長田さんも一緒に日本食の時を持ちました。彼は春に東京においても計6つ、演奏会を予定しています。おすすめですっ!

4月: 東京オペラシティ(15日)、水戸芸術館(23日?)、みなとみらい(26日)
5月: 東大駒場(10日)、山梨Kingswell(12日)、聖パウロ(13日)

そして先週は久しぶりの遠出の演奏会。
クライス社本拠地ボンにてクライスを弾いてきました。
(ちなみにボンはハリボーの生産地でもあります。)

写真 1 写真 2

最近、オルガンに向き合う姿勢、聞き方、受け止め方がまた変わってきたように感じています。シュトゥットガルトの地、ここシュティフト教会で出会う音楽家、毎週の礼拝演奏から考えさせられることも多いのですが、なにより毎日のようにミューライゼン・オルガンに座っていることも、気づきを与えてくれた大きなきっかけとなりました。
ヴュルツブルクを留学先へ選んだことも大変刺激的でしたが、30を目前にして(年齢です)、ミュンヘン、シュトゥットガルトにそれぞれ師を持ちながら、未だに新しい世界を見んと、恵まれた環境に身を置けている現在の環境に、今日までの日々に、ただただ感謝です。




日本行きの飛行機を先日取りました。
3月は5日、昼夜二公演を川口リリアホールにて
10日には山梨県、キングスウェルホールにてランチタイムコンサートを予定しております。
また大きくなった姿を、演奏を聴いていただけましたら幸いです。

川口リリアホール
3/4(金)15:00 (開場:14:30)
3/4(金)19:00 (開場:18:30)
https://www.lilia.or.jp/event/23

キングスウェルホール
3/10(木)12:00
http://www.kingswell.co.jp/schedule_detail.php?id=1457

皆様においても心の満たされる、あたたかな2016年となりますように!

大平健介






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大平健介

Author:大平健介
山登りに温泉、落語に珈琲が好きです。

教会音楽家、シュティフツ・オルガニストとして幅広い活動を展開中。ドイツ・シュトゥットガルト在住。
http://kensuke-ohira-com.webnode.com/

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。